遺品整理や供養等の葬式関連の情報紹介

遺品整理教科書

新着

2014/07/25
火葬の概要を更新しました
2014/10/06
仏壇の概要を更新しました
2014/10/06
遺品整理で見つけた数珠についてを更新しました
2014/07/25
霊園と遺品整理の関係についてを更新しました
2014/03/04
供養を更新しました
2014/03/04
葬式を更新しました
2014/07/25
家族葬とはを更新しました
2014/07/25
墓石についてを更新しました

遺品整理

ihinseiri

遺品整理とは、故人の残した遺品を整理する事である。
遺品には、家財、粗大ゴミ、貴重品や高級品等に分類ができ、これらを必用なものとそうでないものに分類する。
この際、この作業がなかなかスムーズにいかない場合も多い。
それは、持ち主である故人によってそれらが管理されていた事も理由の一つである。
よって、整理を行う際にどれが必用なものであり、どれが不必要であるのか区別をつけにくい。

また、国内にはこの遺品整理をサービスとして行っている業者がある。
この作業を行う時間がない場合や、これを行う立場の者がいない場合は、業者へ依頼する事も手段の1つである。

形見分け

形見とは、故人が生前に大切にしていたものや、思い入れがあったものの事である。
また、残された家族や友人等にとって心のよりどころとなるものである。

遺品整理では、そのような形見を整理する事にも繋がる。
形見は、「形見分け」によって故人と親しい仲であった人物に贈られる。
形見分けを行うタイミングとしては、四十九日法要後かもしくは亡くなってから1ヶ月後となる。

形見を贈る際には、包装をせずに裸の状態によって贈るか、シンプルな包装によって贈るのが一般的である。
例えば、包装する場合は半紙を使用して簡単にくるんで贈るものである。

サービス業者

gyousya

葬式供養を行っている業者では、これらのサービスに加えて遺品整理を行っている場合もある。
よって、葬式、遺品整理、供養を一貫して行う事ができるのである。

遺品整理を行っている業者では、遺品の仕分けをはじめに様々な作業を依頼する事ができる。
例えば、貴重品や高級品の確保や費用品の処分等もその1つである。
中には、リサイクル品としての売買、清掃や消毒、リフォーム等を行っている業者もある。
よって、この作業が難しい場合でも業者によって効率よく済ませる事が可能となる。

このサービスにかかる費用は、間取りや住居環境によっても異なる。
しかし、目安としては間取りが2DKや3LDKの場合だと、「20万円から50万円程」となっている。


おすすめ情報

遺品整理のお悩みは愛知の業者まで「遺品整理110番」

福岡まで出張してくれますよ@遺品整理業者ランキングナビ
遺品処理はこちらにお任せ。|遺品整理の事やサービスについて紹介
遺品整理なら宝塚のこちらがおすすめです:阪神不用品回収サービス